企業がエンジニアに求める能力とは何か

IT業界は慢性的な人手不足に悩まされているが、それと同時に、スキルの格差も問題となっている。
数が足りない以上に優れたエンジニアが少なすぎるのだ。
そのため、企業は常に優秀な人材を探し求めている。したがって、エンジニアとして業界に身を置く者がその優秀な人材になることが出来れば、洋々とした未来を切り開ける可能性は高くなるだろう。

そのためにはまず、企業が求める人材とはどのようなものかを知らなければならない。第1に考えられるのが、磨き抜かれた技術力だろう。
例えば、複数のプログラミング言語を扱うことができればそれだけで大きなアドバンテージになるはずである。
その上、実際の開発経験が豊富であれば文句なしだ。

あるいは、プログラミング開発に関する資格を持っていることも企業に信頼を得るための要件のひとつだと言える。
しかし、技術だけが企業が求めるもののすべてではない。
例えば、現場でリーダーシップを取り、プロジェクトをまとめ上げていくマネジメント能力がある人材も、この業界には不足している。

もし、技術力だけでなく、そういった能力を身につけることができれば、さらなるランクアップも目指せるだろう。
また最近は、ビジネスのグローバル化から語学力も問われるようになっている。
英語や中国語の話せるエンジニアは貴重な存在だ。
以上のようなことを踏まえた上で、ニーズに沿って効率的にスキルアップすることが後々大きな成果に繋がる近道だと言えるだろう。

コメントを残す